1. 数量・程度・優劣などの比較で、それより下の範囲であること。数量では、基準を含んでそれより下をいい、その基準を含まないときは「未満」を使う。「室温を一八度―に保つ」「六歳―は無料」「待遇は世間並み―だ」「あいつの理解力は小学生―だ」⇔以上

  1. それより後に述べること。下記。「―省略」⇔以上

  1. 代表となるものを含んで、それに関連するすべてのもの。「校長―教職員一同」

  1. 御目見 (おめみえ) 以下」の略。

[用法]以下・[用法]以内・[用法]未満――「以下」は、「一〇キログラム以下」「次の各号のいずれかに該当するものは、三万円以下の罰金に処する」(道路交通法)のように用いられる。いずれも数量的限定に用いられ、この場合示された数値を含む。◇「以内」は、「二時間以内」「四〇〇字以内」などと用いられる。法令用語としては、「衆議院が解散されたときは、解散の日から四十日以内に、衆議院議員の総選挙を行ひ」(日本国憲法)、「延べ面積が十平方メートル以内の物置、納屋」(建築基準法)のように用いられる。いずれも示された数値を含む。◇「未満」は、「六歳未満」「一八歳未満おことわり」「科料ハ千円以上一万円未満トス」(刑法)のように用いられる。「以内」と同じように数量的な限定に用いられるが、この場合は示された数値を含まず、それより少ない数値であることを表す。

《イカに形が似るところから》凧 (たこ) のこと。主に関西地方でいう。いかのぼり。

衣桁 (いこう) 」に同じ。

  1. 医学についての学科。内科小児科外科眼科耳鼻咽喉科産婦人科皮膚科などの総称。

  1. 医科大学や総合大学医学部の俗称。

医者。また、医療を職業とする家柄。

[名](スル)やさしくすること。簡単にすること。

コウイカ目とツツイカ目の頭足類の総称。胴は円筒状の外套膜 (がいとうまく) に包まれ、先に幅広のひれがある。10本の腕をもち、特に長い2本は捕食などに用い、敵にあうと墨を出して逃げる。コウイカ類は石灰質の甲を、ツツイカ類は膠質 (こうしつ) の軟甲をもつ。すべて海産。食用となるものが多く、干したものは「するめ」という。 夏》

[名](スル)
  1. dissimilation》音変化の一種。同じ音、あるいは調音上類似している音が一語の中にあるとき、一方が別の音に変わる現象。「ナナカ(七日)」が「ナヌカ」または「ナノカ」、「ボノーニア」(地名)が「ボローニア」となるなど。

  1. 生物が外界から摂取した物質を体内で化学的に分解して、より簡単な物質に変える反応。これによってエネルギーを得る。カタボリズム。異化作用。⇔同化

  1. 心理学で、差異の著しい二つの性質や分量を接近させることで、その差異がさらにきわだつこと。

  1. ロシアフォルマリズムの手法の一。日常的で見慣れた題材を異質なものに変化させること。シクロフスキーらの提唱した語。

  1. 異化効果

ペルー南西部の都市。イカ県の県都。首都リマの南約320キロメートルのイカ川沿いに位置する。16世紀、海岸砂漠のオアシス都市として建設された。ブドウの栽培が盛んで、ワインやピスコの産地として有名。イーカ。

出典:青空文庫