1. くぼ地に自然に水がたまった所。また、地面を掘って水をためた所。ふつう湖沼より小さいものをいう。

  1. 硯 (すずり) の水をためるところ。海。

[補説]作品名別項。→
[接頭]多く、好ましくない意味の語に付いて、いっそう卑しめ、さげすむ意を表す。いき。「いけどし」「いけ好かない」「いけしゃあしゃあ」
[補説]近世江戸語に多くみられる。

朝鮮出身の画家、山口長男による油絵。昭和11年(1936)制作。白地に黒や黄、緑、ピンク色の線や曲線、不定形の筆の線を配置した抽象画。東京国立近代美術館蔵。

出典:青空文庫