• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ハ四]しかりつける。
  • 「客人 (まらうど) の前には、犬をだにも―・ふまじとこそ文にも見えたれ」〈十訓抄・七〉
[動ワ五(ハ四)]言い争う。また、けんかする。「隣家と境界線のことで―・う」