1. 解析学で、極限連続の概念を定義できるように、抽象空間(集合)に与えられる適当な構造(部分集合)。トポロジー。

  1. 物理学で、振動波動などの周期運動の過程でどの点にあるかを示す変数。正弦関数で表すときの角度に相当する部分の量。

  1. 地域・性別・年齢・職業・階層や、書く場合と話す場合などによって、言葉の違いが起こる現象。

  1. 普通の人とは異なった人相または姿。

    1. 「この小倅 (こせがれ) は―をしている」〈芥川・金将軍〉

  1. 仏語。四相の一。変化していくもの。

  1. 能で、基本的な風体をはずれた芸風。異風。

    1. 「あらゆる物真似、―の風をのみ習へば」〈至花道

風変わりな服装。規定にはずれた服装。

「―せる一隊会場を一周して」〈独歩・愛弟通信〉

電圧電流の位相を変化させること。「移相装置」

[名](スル)
  1. ある所から他の所へ移し送ること。「身柄を移送する」

  1. 行政上の手続きや訴訟の所管を、ある機関から他の機関に移すこと。

物事に対して抱く、考え。

生前に書き残した和歌や詩文などの草稿。遺稿。

出典:gooニュース

出典:青空文庫