• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「板書き」の意か》中世、小さな板の卒塔婆 (そとば) を作って経文・戒名などを書き、川に流したり経を読んだりして、金品をもらって歩いた乞食 (こじき) 坊主。