自分一人。自分だけ。「私一己の考えだけではない」→一個2

1軒の家。1世帯の家。「一戸を構える」

  1. 物ひとつ。

  1. 人を物のようにみなしていう語。人ひとり。「単に―の民間人にすぎない」

  1. 水田用水などの流水量の単位。毎秒1立方尺。

[名](スル)ちょっと振り返って見ること。ちょっと心にとめてみること。一考。「一顧だにしない」
  • 「好事家 (こうずか) が偶 (たまたま) ―するに過ぎないから」〈鴎外渋江抽斎
  1. 雅楽器の一。細腰鼓 (さいようこ) の最小のもの。順次に二鼓・三鼓と大きくなる。中世には一鼓だけが古楽用楽器として残り、さらにそれも羯鼓 (かっこ) で代用されるようになった。

  1. 雅楽の舞曲。雑楽。左方の二人舞で、一人は一鼓、一人は二鼓を首からつるし、裹頭楽 (かとうらく) に合わせて打ちながら舞う。番舞 (つがいまい) は蘇利古 (そりこ) 。