• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

カマドウマの古名。 秋》「海士 (あま) の屋は小海老 (こえび) にまじる―かな/芭蕉

[副]《副詞「いと」の重なった「いといと」の音変化という》
  1. 程度が以前よりもはなはだしいさま。いっそう。いよいよ。

    1. 「夕されば―干 (ひ) がたきわが袖に秋の露さへ置き添はりつつ」〈古今・恋一〉

  1. ただでさえ…なのにさらに。

    1. 「―鈍なやつめが茗荷 (めうが) を食ひ、いよいよ鈍になって」〈狂言記・鈍根草〉