(梵)karmadānaの訳。音写は羯磨陀那 (かつまだな) 。授事の意》三綱 (さんごう) の一。寺院で僧に関する庶務をつかさどり、またそれを指図する役職。都維那 (ついな) 。

[補説]禅宗では「いの」「いのう」と読む。

長野県南東部の市。伊那盆地北部の中心地。電子部品・精密機械などの工業が盛ん。米作や花卉 (かき) 栽培も行われる。平成18年(2006)3月、高遠町・長谷村と合併。人口7.1万(2010)。

[名]
  1. 同意しないこと。不承知。「否も応もない」

  1. (「…かいなか」の形で)…でないこと。「学生か否かは問わない」

[感]
  1. 申し出や依頼を拒否するときに用いる語。いやだ。「再度の懇請に否と答える」

  1. 自分の発言を途中で否定したり、ためらったりするときに用いる語。いいえ。そうではない。「国家のため、否全世界のために」

「いね」の変化した語。複合語として用いられる。「稲穂」「稲田」 秋》

全長20センチ程度のボラの幼魚。 秋》

[連体]《形容動詞「い(異)なり」の連体形「いなる」から》普通と変わった。変な。妙な。「異なことを伺いますが」「縁は異なもの味なもの」
[終助]《終助詞「い」+終助詞「な」から。近世語》体言、活用語の命令形、助詞、助動詞「じゃ」に付く。感動・呼び掛けなどを表す。…ねえ。
  • 「言ひわけをして下さんせ―」〈浄・歌祭文

出典:青空文庫

出典:gooニュース