• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

北条民雄の短編小説。自身のハンセン病療養施設への入所体験を描いた私小説。原題は「最初の一夜」で、昭和11年(1936)川端康成により改題され、「文学界」誌に発表。第2回文学界賞を受賞した。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉