奄美 (あまみ) ・沖縄地方で、ウタキ(御岳)とよばれる聖域の中の神が鎮座する場所。自然石や大木を依代 (よりしろ) とする。最高の神職である女性以外は立ち入れない。「いべ」ともいい、「威部」と当てて書く。

[名](スル) なえてしおれること。衰え、元気のなくなること。
    1. 「本国の民心は弥 (いよい) よ―し」〈竜渓経国美談

[ト・タル][文][形動タリ]衰えて元気のないさま。
    1. 「世の人心を奨誡して―たる徳義を正さんには」〈逍遥小説神髄

出典:青空文庫