奈良時代から平安初期にかけて、同化の程度の浅かった蝦夷 (えぞ) の称。同化が進んだものを俘囚 (ふしゅう) とよぶ。

大宝令の制で、三位 (さんみ) 以上の諸王・諸臣に位階に応じて賜った食封 (じきふ) 。→位禄 (いろく) 

[名](スル)
  1. ゆだね頼むこと。ゆだね渡すこと。「任務を委付する」「権利を委付する」

  1. 海商法上、船舶所有者などを保護するための制度。船主などが負担する損害賠償などの債務について、海産の権利を債権者に移転して責任を免れる免責委付と、船舶が行方不明などのとき、被保険者が船舶のいっさいの権利を保険者に移転して保険金額の全部を請求できる保険委付とがある。

[名](スル)おそれおののくこと。「畏怖の念を抱く」「神を畏怖する」

母が同じで、父が違うこと。種違い。「異父兄弟」「異父兄」

[名](スル)官庁で、権利・物件などを他の管轄に移し渡すこと。

仮定。もし。もしも。

意義符」に同じ。

出典:青空文庫