《動詞「い(忌)む」の連用形から》

  1. (斎)心身を清浄に保ち、けがれを避けて慎むこと。

  1. (忌み)死・不浄など、はばかりのあること。

  1. (忌み)人の死後、近親者が、しばらくの間家に慎みこもること。喪。喪中。忌 (き) 。「―が明ける」

  1. (忌み)陰陽道 (おんようどう) などで、ある方角・日取りなどをはばかって避けること。物忌み。かたたがえ。

    1. 「―もたがへがてら、しばしほかにと思ひて」〈かげろふ・中〉

  1. 他の語の上に付いて複合語をつくり、汚れを清めた、神聖な、の意を表す。「―火」「―殿 (どの) 」

普通のものとは違った味。珍しい味。珍しい食物。

[名](スル)
  1. 言葉が示す内容。また、言葉がある物事を示すこと。「単語の意味を調べる」「愛を意味するギリシャ語」

  1. ある表現・行為によって示され、あるいはそこに含み隠されている内容。また、表現・行為がある内容を示すこと。「慰労の意味で一席設ける」「意味ありげな行動」「沈黙は賛成を意味する」

  1. 価値。重要性。「意味のある集会」「全員が参加しなければ意味がない」

出典:青空文庫