• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

近世、遊女などが手紙に用いた語。きっとお目にかかりたい、の意。いよよ御見。

「飽 (あ) かぬ別れのあしたより、日ぶみ、血文の付け届け、―と書いたるは」〈浄・女腹切