の名詞化。「実は」と打ち明けるべき内容の意》隠れた事情や理由。「曰くのありそうな古時計」
《「い(言)う」のク語法》(副詞的に用いて)言うことには。「古人曰く」
    1. 「かぐや姫の―、なんでふ去ることかし侍らむと言へば」〈竹取

[動カ五(四)]いわえる」に同じ。
  • 「乃公 (おれ) が舐 (な) めて遣ったり、―・いて遣ったり」〈紅葉多情多恨
[可能]いわける
[動カ下二]子供じみている。幼稚な振る舞いをする。
  • 「―・けたる遊び戯れに心入れたるわらはべの有様など」〈・若菜上〉
[補説]歴史的仮名遣いは「いわく」か「いはく」か未詳。

出典:青空文庫