[名](スル)許すこと。許可。允許 (いんきょ) 。
[名](スル)他の火や熱が移って燃えだすこと。「火花がガソリンに引火する」
[名](スル)装置に信号を送ったり、電圧を加えたりすること。「ガラスには電圧を印加しても電流は流れない」「印加磁場」
[名](スル)
  1. 密教や禅宗で、師僧が弟子に法を授けて、悟りを得たことを証明認可すること。

  1. 武道・芸道などで、極意を得た者に与える許し。免許。

陶磁の装飾法の一。器の表面に型押しで文様をつける方法。また、その文様。

印章。印判。印鑑。印。

姻戚 (いんせき) 関係になった家。

  1. 墓地などで燃える、奇怪な青白い火。狐火 (きつねび) 。鬼火。

  1. 焼酎 (しょうちゅう) を浸した布切れを棒の先につけて燃やした火。芝居で幽霊の出る場面などに用いる。焼酎火 (しょうちゅうび) 。人魂 (ひとだま) 。

南アメリカのペルー高原を中心に君臨した王、およびその部族。太陽を信仰し、高度の文明をもち、15世紀までに北はエクアドルから南はチリに及ぶ大帝国を建設した。→インカ帝国

出典:青空文庫