1. 川原などで、二手に分かれて小石を投げ合い勝負を争う遊び。鎌倉時代に盛んで、多くの死傷者が出て禁止されたこともあったが、江戸末期には5月5日の男の子の遊びとなった。石合戦。印地打ち。 夏》「おもふ人にあたれ―のそら礫/嵐雪

  1. 石合戦を得意とした無頼の徒。

    1. 「土佐が勢百騎、白川の―五十人相語らひ」〈義経記・四〉

[名](スル)
  1. タイプライターやパソコンのプリンターなどで、紙などに文字や符号を打ち出すこと。また、その文字や符号。

  1. 印章の文字。

天皇の印(御璽)と日本国の印(国璽)のこと。

因位 (いんい) 」に同じ。

《「い(往)にし」の音変化》

[名]過ぎ去った時。過去。往時。むかし。
    1. 「―をとがめずと申す事候へば」〈太平記・三八〉

[連体]過ぎ去った。去る。
    1. 「義仲―年の秋、宿意を達せんがために」〈平家・七〉

《「姒」は、あによめの意》遊女。

「―の平生 (へいぜい) 清らを見するは渡世のためなり」〈浮・永代蔵・一〉

みだらなこと。主に、男女の交合。

秘密にしておくべきこと。かくしごと。秘事。

  1. 漢詩文で、句末で韻を踏んでいる字。

  1. 連歌・俳諧で、句末を結ぶ言葉。→留め

詩文を作るなどの風流な遊び。

出典:青空文庫