1. 五十音図ア行の第2音。五母音の一。前舌の閉母音。[i]

  1. 平仮名「い」は「以」の草体から。片仮名「イ」は「伊」の偏。

  1. いろは歌の第1文字。仮名がしら。

[補説]五十音図ヤ行の第2音としても重出。
  1. 洋楽の音名の一で、日本音名の第6音。

  1. 異本」の略号。異本の字句を傍注するのに用いる。

ご。いつつ。いつ。多く他の語の上に付いて複合語として用いられる。「五十 (いそ) 」「五百 (いお) 」

ごじゅう。いそ。多く他の語の上に付いて、複合語として用いられる。「五十日 (いか) 」「五十鈴 (いすず) 」

  1. 井戸。掘り抜き井戸。

  1. 湧 (わ) き水や川の流水を汲み取る所。「走り井」「山の井」

  1. 十二支の12番目。

  1. 方角の名。北から西へ30度の方角。北北西。

  1. 時刻の名。今の午後10時ごろ、およびその後の2時間。または午後10時前後の2時間。

  1. 1にあたる年や日。

  1. 陰暦10月の異称。

《昔、中国で未開人、蛮族をさしていった語から》異民族。えびす。

着るもの。衣服。「衣を払う」「衣食住」

  1. 病気を治療すること。また、その技術。医術。「医の道を志す」

  1. 病気の治療をする人。医師。医者。

《動詞「い(居)る」の連用形から》

  1. 居ること。そこにあること。「居間」「居場所」「長 (なが) 居」

  1. 座ること。座っていること。「立ち居振る舞い」

  1. 自然に人を従わせるような厳かさ。威厳。

  1. 人を恐れさせる強大な勢力。武威。「虎の威を借る狐」

  1. 消化管の一。袋状で、上は食道に、下は十二指腸に連絡し、胃液を分泌して食物を消化する。胃袋。

  1. 二十八宿の一。西方の第三宿。牡羊 (おひつじ) 座東部の三つの星をさす。えきえぼし。胃宿。

きも。胆嚢 (たんのう) 。「熊の胆」

周囲に引き回した垂れ幕。とばり。

イノシシブタの総称。特に、イノシシ。

「―、鹿をなん生贄 (いけにへ) にし侍りけるとぞ」〈宇治拾遺・一〇〉

律令制で、直属関係にない役所の間で取り交わした公文書。送る側の役所の名称に次いで「移」と書き、その下に相手方の名称を書いた。移文。

いせき(堰)」に同じ。〈新撰字鏡

寝ること。眠り。

「心とけたる―だに寝られずなむ」〈・空蝉〉

[補説]多く、動詞「ぬ(寝)」をあとに伴って「いをぬ」「いぬ」の形で、また、「朝寝 (あさい) 」「安寝 (やすい) 」などと熟して用いる。
  1. 心に思うこと。気持ち。考え。意見。「遺憾の意を表す」

  1. 言葉や行為が表している内容。意味。わけ。「読書百遍意おのずから通ず」

  1. (梵)manasの訳》仏語。あれこれと思いめぐらす心の働き。思量。「心、意、識」

クモの糸。クモの巣。

「泉ともいさや白波立ちぬれて下なる草にかけるくもの―」〈源順集

  1. 昔、中国で、常に宗廟 (そうびょう) に供え置いた器。

  1. 人の常に守るべき道。常道。

イグサ科の多年草。湿地に自生し、また、水田で栽培する。高さ約1メートル。茎は円柱形。葉はうろこ状。夏、緑褐色の花をつけ、苞 (ほう) を長く伸ばす。茎は畳表・花むしろの材料。白い髄は、昔、灯心に用いた。灯心草。あかりも。いぐさ。 夏》「―の花を見て雨ごもり居たりけり/秋桜子

[代](格助詞「」を伴って用いる)二人称の人代名詞。相手を卑しめていう語。おまえ。→其 (し) 己 (な) 
  • 「―が作り仕へまつれる大殿のうち」〈・中〉

[名・形動]

  1. 他と違っていること。また、他と異なった意見。「異を唱える」

  1. 普通とは違っていること。不思議なこと。また、そのさま。「異なことを言う」「縁は異なもの」

[名・形動]大きくりっぱなこと。すぐれていること。また、そのさま。「その功たるや偉なり」
[終助]文末の助動詞「た」「だ」、禁止の意の終助詞「な」、質問の意の「か」、動詞の命令形などに付く。
  1. 親しみを込めて質問する意を表す。「何を悩んでいるんだい」「君も行くかい」

  1. 軽蔑したり、反発したり、詰問したりする意を表す。「何度言ったら分かるんだい」「なんだい、君らしくもない」

  1. 投げやりな気持ちやあきらめの意を表す。「勝手にしろい」「どうせ負けるに決まっているんだい」

  1. 念を押したり、語調を強めたりする意を表す。「じゃまをするない」「とっとと寝ろい」「絶対に海に行くんだい」→いのかいわい

[間助]体言、活用語の連体形に付く。上接の語を特に示したり、語調を強めたりする。
    1. 「青柳 (あをやぎ) の糸の細 (くは) しさ春風に乱れぬ―間に見せむ児 (こ) もがも」〈・一八五一〉

[副助]名詞、名詞に準じる語に付く。上接の語を特に示したり、語調を強めたりする。
    1. 「一日 (ひとひ) だに君―しなくは堪 (あ) へかたきかも」〈・五三七〉

[補説]は終助詞「よ」あるいは係助詞「や」の音変化という。多く男性がくだけた会話の中で用いる。は上代語。平安時代では漢文訓読体の文中にみられるだけである。をまとめて、間投助詞とする説や格助詞とする説などもある。
[接頭]動詞に付いて、意味を強めたり、語調を整えたりする。「い漕 (こ) ぐ」「い隠る」「い行く」
[接頭]名詞に付いて、清浄な、神聖な、忌み清めた、の意を表す。「斎串 (ぐし) 」「斎垣」
[接尾]助数詞。
  1. 物事の順位・等級・位階などを表す。「第三位」「従五位」

  1. 死者の霊を数えるのに用いる。「百位の英霊」

  1. 計算の位取 (くらいど) りを表す。「百位の数」「小数点以下三位」

[名]くらい。位階。
    1. 「一品以下。初位 (そゐ) 以上を―と曰ふ」〈令義解・官位〉

えき

ゆい