• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸後期の国学書。1巻。本居宣長著。寛政10年(1798)成立。国学の入門書として、研究の心構えや態度を平明に説いたもの。

  1. 初めて山に登ること。特に、修験者が初めて大峰葛城 (かつらぎ) 山に登ること。

  1. 学問の道に初めて入ること。ういまなび。

[補説]書名別項。→うひ山ぶみ