[副]うっかり1」に同じ。
  • 「―としているお千代には」〈左千夫・春の潮〉