水面に浮いている海草。多く和歌で「憂き目」に掛けて用いる。

「―刈る伊勢をの海人 (あま) を思ひやれ藻塩 (もしほ) 垂るてふ須磨の浦にて」〈・須磨〉

つらいこと。苦しい体験。「落選の憂き目を見る」「失恋の憂き目にあう」

出典:青空文庫