• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 《「 (うん) 」は香草の名》書物をしまっておく建物。書庫。台 (うんだい) 。

  1. 内御書所 (うちのごしょどころ) のこと。

箏 (そう) の部分の名。本体上面の両端にあって弦を支える駒のうち、演奏する所に遠いほうのもの。→竜角 (りゅうかく) 

平安中期以後、清涼殿に昇ることを許された者。堂上方 (どうじょうがた) 殿上人 (てんじょうびと) を総称する。雲の上人 (うえびと) 。⇔地下 (じげ) 

「一門の卿相 (けいしゃう) 、―数十人」〈平家・二〉

  1. 雲と鶴 (つる) とを組み合わせた文様。位袍 (いほう) に多く用いられ、親王および太閤の所用とされた。

  1. 高麗 (こうらい) 青磁の一。表面に白土をはめ込んだ象眼青磁で、雲や鶴の模様を表す。雲鶴手。

雲粒の核となる微粒子。大気中に浮遊する微粒子(エーロゾル)のうち、吸湿性があるものが雲核として働き、そのまわりに水蒸気が凝結し雲粒が形成される。雲粒核。雲凝結核。CCN(cloud condensation nuclei)。