(多く「うんじょうする」の形で用いる)懲りて改心すること。あきらめること。

「もう―して心をば直さうとはしないで」〈伎・浮名横櫛

  1. 鎌倉時代、年貢物を京都に運んで上納すること。

  1. 室町後期、租税を割り当てること。

  1. 江戸時代の雑税の一。商・工・漁・鉱・運送などの営業者に賦課した。

《古くは「うんしょう」》

[名]
  1. 雲の上。

  1. 一般から離れた所。特に、宮中。

    1. 「急ぎ大しうを―へ召され」〈伽・七草草紙〉

[形動ナリ]ようすや態度が高貴なように見えるさま。また、偉そうな感じを与えるさま。
    1. 「人が軽 (かろ) しむると心得て―にばかり構へ」〈浮・禁短気・三〉

雲と大地。天地。両者の間の相違のはなはだしいことのたとえ。雲泥。

[名](スル)《酒を醸造する意から》心の中に、ある感情がしだいに固まっていくこと。
  • 「大概日本人の妄信はこの時代に―し出されて」〈露伴・魔法修行者〉

出典:青空文庫