• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]
  1. せっせと仕事にはげむさま。

    1. 「―働きゃ随分楽の出来る所だ」〈伎・四千両

  1. 芝居で客がどんどん詰めかけるさま。祝うために、久しくの意の「永」と、芝居が当たる意の「当」をあてて「永当」と書くことが多い。

    1. 「暮れ六つ時より―、―の御入り有り難う存じまする」〈黄・通一声女暫〉

[感]勢いよく進むときなどの掛け声。
    1. 「さらばおしよせませう。―、―、―」〈虎寛狂・米市