• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形][文]ゑぐ・し[ク]
  1. あくが強くて、いがらっぽい感じがする。えがらっぽい。「山菜を食べたあと、のどが―・い」

  1. 俗に、むごたらしいさま。また、どぎついさま。「―・い描写」

  1. 我が強くて思いやりのないさま。きつい。

    1. 「では何か…、―・い事でもお言いなしたのですかい?」〈三重吉・小鳥の巣〉

[派生]えぐさ[名]えぐみ[名]