• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「えん(縁)」の「ん」を「に」で表記したもの》えん。ゆかり。ちなみ。和歌では「江に」に掛けて用いることが多い。

「みをつくし恋ふるしるしにここまでもめぐり逢ひける―は深しな」〈・澪標〉

(イタリア)Ente Nazionale Idrocarburi》イタリア政府保有の持ち株会社。エネルギー分野を中心に、機械、繊維、鉱山などをグループ企業が経営。1953年設立、1995年民営化。

[連語]《動詞「う(得)」の未然形「え」+上代の打消しの助動詞「ぬ」の連用形「に」という》…できないで。
  • 「言へば―言はねば胸にさわがれて心ひとつに嘆くころかな」〈伊勢・三四〉