• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[連語]

  1. なんとも言いようがないほどである。なんとも言いようがないほどすばらしい。

    1. 「花も―◦ぬ匂ひを散らしたり」〈・胡蝶〉

  1. 口に出しては言えないほどよくない。

    1. 「築泥 (ついひぢ) 、門の下などに向きて、―◦ぬ事どもし散らし」〈徒然・一七五〉

  1. 言うに足りない。つまらない。

    1. 「―◦ぬ者まで涙を流して」〈栄花・楚王の夢〉