[名](スル)呼び寄せて面会すること。引見。
[名](スル)
  1. 遠くを見ること。遠望。とおみ。「峠から村落の灯を遠見する」

    1. 「かの滋藤 (しげふぢ) 漫々たる海上を―して」〈平家・五〉

  1. 将来のことを見通すこと。

    1. 「大利の基いをひらくの理だから、落付いて―すべし」〈魯文西洋道中膝栗毛

  1. 遠くの眺め。遠景。

    1. 「万山いちじろき―は」〈九位〉

  1. 能楽用語。

    1. ㋐遠くを見渡すしぐさをして、観客に遠景を想像させる演技。

    2. ㋑ある演技が間接的に何かを観客に想像させる効果。

      「無上の上手は…舞歌の風義の―現はるる所にて」〈花鏡

[名](スル)飽きていやになること。

角張って、鳶 (とび) の姿のような肩。あがりがた。いかりがた。

[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 物が延び広がったり高くそびえたりしているさま。また、多く盛んなさま。

    1. 「―として澗底 (かんてい) に嘯 (うそぶ) く松が枝には」〈漱石・薤露行〉

  1. おごり高ぶるさま。

    1. 「故 (ことさ) らに作ッた―恣睢 (しき) 」〈二葉亭訳・あひゞき初稿〉

出典:青空文庫