• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《副詞「え」+動詞「な(成)る」の未然形+打消しの助動詞「ず」》
  1. なみひと通りでない。

    1. 「いはけなき鶴 (たづ) の一声聞きしより葦間 (あしま) になづむ舟ぞ―◦ぬ」〈・若紫〉

  1. なみなみでなく、すぐれている。

    1. 「琴の音も月も―◦ぬ宿ながら」〈・帚木〉

[補説]「なら」を助動詞「なり」の未然形とし、その上に来る状態を表す語が略されたものとする説もある。