《「おおいい(大飯)」の音変化》天皇の召し上がり物。また、それを調理すること。

  1. 物の上にかぶせて隠すこと。また、そのもの。「―をかける」「日―」

  1. かばう人。庇護者 (ひごしゃ) 。

    1. 「軍次はやがて―になり」〈浄・嫩軍記

[形][文]おほ・し[ク]
  1. 数や量がたくさんある。物事がたびたび起こる。「商店が―・い」「交通事故が―・い」「―・いの少ないのと文句をつける」⇔少ない

  1. 全体の中で占めている割合が大きい。「子供に―・い病気」→多かり多く

[補説]「多し」は、中古には訓点語系に用いられ、和文系統には、連用形「多く」を除いて「多かり」の系列が用いられた。
[派生]おおさ[名]

《「おお(大)き」の音変化》

[形動ナリ]
  1. 大きいさま。

    1. 「―なる木どものもとに車を立てたれば」〈・一四二〉

  1. 程度のはなはだしいさま。状態が、ふつうよりもまさっているさま。→大いなる大いに

    1. 「―なるわざし給ふなるを」〈宇津保・藤原の君〉

[接頭]人物を表す名詞に付く。
  1. 同じ官職・位階のうち上位であることを表す。「大いもうちぎみ」「大い三つの位」

  1. 年長の人であることを表す。「大いとの」「大いぎみ」

[感]遠くの人に呼びかけるときの声。「おおい、どこだ」