• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「おおいみ」の音変化》

  1. 荒忌み」に同じ。

  1. 神事に奉仕する官人で、占いによって小忌 (おみ) に選ばれない人々。

  1. 荒忌みの際に着る服。

[接頭]神・天皇に関する語に付いて、最高の尊敬の意を表す。「大御あかし(大御灯)」「大御け(大御食)」
[補説]後に、「おほむ」を経て「おほん」「おん」「お」と変化した。