1. 子供が自分の母親を呼ぶ語。また、子供にとって母親のこと。もとは江戸末期、京坂地方の中流以上の家庭で使われていた。江戸の庶民は「おっかさん」「おっかあ」などと呼んでいたが、「おとうさん」とともに明治37年(1904)から使用した文部省「尋常小学読本」(国定教科書)に採用されて、全国的に広まった。「―、誕生日おめでとう」

  1. 第三者がその人の母親を親しみを込めて呼ぶ語。「新聞の集金ですが、―はご在宅ですか」「あなたの―はいつもお元気そうで何よりですね」

  1. 子供のいる家庭で、家族が子供の母親を呼ぶ語。子供の視点に立って、父親が妻を、祖父母が娘を指して言う語。「―、幸子ちゃんの帽子はどこですか」

  1. 子供をもつ女性を親しんで呼ぶ語。「子育て中の―」

  1. 母親が自分を指して言う語。「―といっしょに絵本を見ましょう」

  1. (特に「お義母さん」と書く場合)配偶者や婚約者の母親のこと。

  1. 芸妓・女郎が、置屋や茶屋の女主人を敬って呼ぶ語。

[補説]第三者に対して自分の母親をいう場合、公の場や手紙文などでは「お母さん」ではなく、通常「母」を用いる。
書名別項。→おかあさん
(おかあさん)サトウ・ハチローの詩集。昭和36年(1961)から昭和38年(1963)にかけて全3巻を刊行。昭和33年(1958)から昭和38年(1963)まで放映されたテレビドラマ「おかあさん」のタイトルバック用に書かれた、母をテーマとする詩を集めたもの。
(お母さん)《原題、(チェコ)Maminka》チェコの詩人、サイフェルトの詩集。1954年刊行。マミンカ。