《「おおが」の音変化》板ひき用の大形の鋸 (のこぎり) 。二人でひく縦びき用のものが室町時代に中国から伝来し、江戸時代には一人でひく前挽 (び) き大鋸ができて普及した。おおが。→鋸 (のこぎり) 

秋田県、男鹿半島を占める市。南部にある船川港は天然の良港。「なまはげ」の風習は有名。平成17年(2005)若美町と合併。人口3.2万(2010)。