• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸中期の俳諧紀行。1冊。松尾芭蕉著。元禄15年(1702)刊。元禄2年3月、門人曽良 (そら) と江戸深川を出発、奥州・北陸の名所・旧跡を巡り、9月に大垣に至るまでの紀行を、発句をまじえて記したもの。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉