[名]
  1. 力を加えること。

    1. ㋐上から重みをかけること。また、そのもの。おもし。「漬物に―をする」「ズボンの寝―」

    2. ㋑相撲で、四つ身にならず手のひらを相手に当てて前へ進むこと。

  1. 無理にでも自分の意志を通そうとすること。また、その力。「―の強い人」

  1. わなの一。知らずに踏むとおもしが人や動物を打ち、圧死させる仕掛け。

    1. 「殿を作り、その内に―を張りて」〈・中〉

[接頭](押し)動詞に付く。
  1. 強力に、強引に、無理に、などの意を表す。「―つける」「―通す」

  1. 下に付く動詞の表す意味を強める。「―詰まる」「―黙る」

《「おうし」の音変化》口がきけないこと。→聾唖 (ろうあ) 聴唖 (ちょうあ) 

《「御祈り師」の意》

  1. 特定の社寺に属し、信者のために祈祷 (きとう) を行い、参詣のために宿泊・案内などの世話をする下級の神職。伊勢神宮のものが有名。おんし。

  1. 祈祷を専門にする神職や僧。

    1. 「この―は、まだ深からねばにや、西の間に遠かりけるを」〈・玉鬘〉

オシドリの古名。 冬》

[感]高貴な人が通るときや天皇に膳を供するとき、先払いが発する警告の言葉。警蹕 (けいひつ) の声。
  • 「警蹕など―といふ声聞こゆるも」〈・二三〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫