[副](スル)
  1. 人柄・しぐさなどが、落ち着いていてこせこせとしないさま。おおようなさま。「おっとり(と)構える」「良家の出らしいおっとりした振る舞い」

  1. 日ざしなどが、暖かく穏やかに感じられるさま。

    1. 「白い霜を一度に摧 (くだ) いた日が、…往来を―と一面に照らしていた」〈漱石・彼岸過迄〉

出典:青空文庫