• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《歌詞の最後につく囃子詞 (はやしことば) 「おっぺけぺ、おっぺけぺっぽう、ぺっぽっぽ」からの名》明治20年代にはやった歌。壮士芝居川上音二郎が、それまでのおっぺけぺえ節に時事風刺の歌詞をつけて歌ったもの。おっぺけぺ節。