《「おとひと(弟人)」の音変化》

  1. きょうだいのうち、年下の男。⇔

  1. 《「義弟」とも書く》夫や妻の弟。また、妹の夫。義弟 (ぎてい) 。

  1. 古く、性別に関係なく、年下のきょうだいを呼んだ語。→弟 (おと) 1

    1. 「妻 (め) の―をもて侍りける人に」〈古今・雑上・詞書〉

[補説]作品名別項。→おとうと
(おとうと)幸田文の小説。昭和32年(1957)刊。17歳の女学生とその3歳下の弟の絆を描く。
(おとうと)市川崑監督による映画の題名。昭和35年(1960)公開。を原作とし、脚色は水木洋子。第34回キネマ旬報ベストテンの日本映画ベストワン作品。第11回ブルーリボン賞作品賞受賞。
(おとうと)山根成之監督による映画の題名。昭和51年(1976)公開。のリメーク。
(おとうと)山田洋次監督による映画の題名。平成22年(2010)公開。ストーリーは異なるが、作中にへのオマージュが見られる。
(弟)《原題、(ドイツ)Der jüngere Bruder》ドイツの小説家、ノサックの長編小説。1958年刊行。
(弟)石原慎太郎の長編小説。平成8年(1996)刊行。自身の弟で俳優の石原裕次郎の生涯を描いたもの。平成16年(2004)テレビドラマ化。