群馬県中東部にある火口原湖赤城山の山頂付近にある。面積約0.9平方キロメートル、湖面標高1320メートル、最大深度16.5メートル、周囲4キロメートル。冬季氷結し、ワカサギ釣りでにぎわう。赤城湖。→小沼 (この) 

《「お」は接頭語》野。野原。

「さねさし相摸 (さがむ) の―に」〈・中・歌謡〉

京都市左京区高野から八瀬 (やせ) 大原にかけた一帯の古称。小野当岑の所領地で、惟喬 (これたか) 親王が幽居した所。
京都市山科 (やましな) 区の地名。真言宗の随心院がある。小野小町の出身地と伝える。
兵庫県中南部の市。加古川中流にある。もと一柳氏の城下町。はさみ・鎌 (かま) などの刃物、そろばんの産地。人口5.0万(2010)。

木をたたき切ったり、割ったりする道具。刃をもつ楔形 (くさびがた) の鉄に、堅い木の柄をつけたもの。よき。

[代]

  1. 反射代名詞。自分自身。自分。

  1. 一人称人代名詞。わたし。

  1. 二人称の人代名詞。相手をさげすんでいう。おまえ。

    1. 「―、のちに会はざらんやは」〈宇治拾遺・九〉

[補説]通常、格助詞「が」を伴って用いる。→己 (おの) が

出典:青空文庫