• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ラ四]乱れ広がる。
    1. 莢 (ざうけふ) に延 (は) ひ―・れる屎葛 (くそかづら) 絶ゆることなく宮仕へせむ」〈・三八五五〉

[動ラ下二]
  1. に同じ。

    1. 「(ススキガ)冬の末まで、かしらのいとしろく―・れたるも知らず」〈・六七〉

  1. しまりがなくなる。だらしなくなる。

    1. 「大路近き所に、―・れたる声して」〈・東屋〉

[補説]「おほとる」と読む説もあるが、「観智院本名義抄」で「蓬頭」を「おぼとれがしら」と読んでいるところから、「おぼとる」と読む説に従う。