• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[形動ナリ]

  1. (多く、あとに否定表現を伴って用いる)程度が普通であるさま。通り一遍であるさま。

    1. 「歌詠むと知りたる人の―ならざらむは」〈能因本枕・九四〉

  1. (あとに否定表現を伴わないで、または、二重否定の表現を伴って用いる)程度が普通でないさま。並々でないさま。

    1. 「―に忍ぶるにあまるほどを、慰むるぞや」〈・胡蝶〉

[補説]おおろか(おほろか)」の音変化という。後世「おぼろ(朧)」と混同して「おぼろげ」の形を生じた。