《「おまらす」の音変化》

[動サ四]
  1. 与える、の意の謙譲語。差し上げる。

    1. 「二人の衆にも酒―・せ」〈浄・博多小女郎

  1. (補助動詞)…してあげる、の意の謙譲語。

    1. 「御機嫌を直す囃子物を教へて―・さうかといふ事ぢゃ」〈虎寛狂・末広がり

[動サ下二]
  1. 1に同じ。

    1. 「何ぞ―・せたいものぢゃが」〈虎寛狂・入間川

  1. (補助動詞)2に同じ。

    1. 「今生未来の晴れの月額 (さかやき) 、母が剃 (そ) って―・せうぞ」〈浄・兜軍記

[動サ特活]

  1. ある」「居る」の丁寧語。あります。ございます。

    1. 「お母はんの旦那が―・す」〈宇野浩二・苦の世界〉

    2. 「このふけのとれることが―・すがな」〈滑・膝栗毛・五〉
  1. (補助動詞)…である、の意の丁寧語。

    1. 「ややこし―・すな」〈上司・鱧の皮〉

    2. 「あなたのそのなりは、何で―・すぞいな」〈滑・膝栗毛・八〉
[補説]近世大坂新町の遊女ことばに始まるが、文政(1818~1830)ごろには一般女性語となり、のちには男性も用いた。現在は京阪地方などで用いられる。なお、打消し形「おません」は、文政以降「おまへん」の形をとるようになった。

出典:青空文庫