• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

心中をして寛文年間(1661~1673)の俗謡などに歌われた、おまんと薩摩源五兵衛。二人の話を題材として、近松門左衛門の「おまん源五兵衛薩摩歌」、井原西鶴の「好色五人女」などの作品がある。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉