[動サ五(四)]

  1. 思い出す。想起する。「若かりしころを―・す」

  1. 心を奮い立たせる。気を取り直す。

    1. 「少将、御文を見て驚きながら、苦しき心地を―・して参りたり」〈宇津保・嵯峨院〉

[動サ下二]思いをはせる。思いやる。
  • 「かくて眺むらむと―・する人あらむや」〈更級

出典:青空文庫