• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸後期の俳諧俳文集。1冊。小林一茶著。文政2年(1819)成立。一茶死後25年たった嘉永5年(1852)刊。一茶57歳の年の元旦から歳末までの見聞・感想などを、長女の死を中心に発句を交えて記したもの。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉