• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大池唯雄の小説。昭和12年(1937)上半期の「サンデー毎日」懸賞小説として応募し、入選した作品。