[副](スル)
  1. 驚きや悲しみなどの衝撃でうろたえるさま。「父の死にただおろおろ(と)するばかりだった」

  1. 声を震わせ、涙を流して泣くさま。

    1. 「涙―と落しながら」〈露伴・艶魔伝〉

  1. 不十分なさま。ざっと。

    1. 「この事知りたる聖はありと聞き侍りしか、と―言ひ出たりけるを」〈無名抄

  1. 全体に行きわたらないさま。ところどころ。

    1. 「髪もはげて、白きとても―ある頭に」〈宇治拾遺・一一〉

出典:青空文庫