情け深い顔つき。多く主君の顔にいう。

「―を拝し奉らずんば」〈平家・一一〉

穏やかな、あたたかみのある顔つき。温容。「温顔に接する」

出典:青空文庫