• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸本郷の八百屋の娘お七と、その恋人である寺小姓の吉三郎。また、この二人を題材にした浄瑠璃歌舞伎などの通称。「八百屋お七」「伊達娘恋緋鹿子 (だてむすめこいのひがのこ) 」など。→八百屋お七