• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

坪田譲治の中編小説。昭和10年(1935)、「改造」誌に掲載。子どもにとっては不可解な死の概念を主題とする児童文学作品。主人公の善太と三平の兄弟は、続く作品「風の中の子供」「子供の四季」にも登場する。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉