• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

寛延2年(1749)に起こった大坂南地の遊女お園と大工の六三郎との心中事件を脚色した、浄瑠璃歌舞伎などの通称。常磐津節三世相錦繍文章 (さんぜそうにしきぶんしょう) 」が有名。